薬剤師のキャリアアップ

薬剤師のキャリアアップ

薬剤師として働く場合、やはり誰もがキャリアアップしたいと考えると思います。 薬剤師の世界でもキャリアアップはできます。薬剤師が活躍できる場所は どんどん増えており、薬局や病院、診療所以外にも働ける場所が増えています。

最近では、漢方・生薬認定薬剤師やサプリメントアドバイザーなどでも活躍して いる薬剤師が増えています。これらの仕事をする場合は薬剤師以外の資格も必要と なります。自分がどのような分野でキャリアアップしたいのかを明確にする事が大切です。

また、薬剤師には専門薬剤師という資格があります。 専門薬剤師は2008年から実施された比較的新しい制度です。 医師や看護師と同じように薬剤師にも専門分野に特化した薬剤師を設置しようと 専門薬剤師が生まれました。専門薬剤師には、今までと同様に医師の処方に対して 間違いのない調剤ができることが求められています。

そしてさらに、専門薬剤師には医師と同じレベルで先端医療に 取り組む事ができることが求められているのです。 今までは処方を見てから調剤するのが一般的でしたが、これからはそれだけ でなく医療スタッフの一員として活躍される事が求められているのです。

専門薬剤師には、感染制御専門薬剤師、精神科専門薬剤師、がん専門薬剤師、 HIV感染症専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師があり、この5種類が認定されて いる中で有名となっています。 ほかにも、栄養サポート専門薬剤師(NST)や認定専門指導者(専門薬剤師)などがあります。 これらの専門薬剤師になるためには、まず薬剤師という資格を持っていることが 大前提となります。

さらに、認定薬剤師という資格を取得しなければなりません。 認定薬剤師は、医療機関での実績や実務経験が認められて、さらに講習や研修を 受けて、試験に合格すればなることができます。 認定薬剤師になってはじめて専門薬剤師になれる可能性が生まれるのです。

では、専門薬剤師になるためには、どうすればいいのでしょうか。 大学や大学院などの教育機関に通わなければならないのかというと、そうではありません。 医療の現場で、積極的な活動をして、それが日本病院薬剤師会に認められる事で 専門薬剤師になることができるのです。

↑ PAGE TOP