色々な専門薬剤師

色々な専門薬剤師

専門薬剤師には現在、有名なものとして5種類の分野の専門薬剤師があります。 それが、感染制御専門薬剤師、がん専門薬剤師、妊婦・授乳婦専門薬剤師、 HIV感染症専門薬剤師、精神科専門薬剤師です。 それぞれの分野で実績を上げて、はじめて専門薬剤師と認定されます。

まず、感染制御専門薬剤師について説明をしたいと思います。 2006年に誕生した感染制御専門薬剤師は、感染の防止を目的とした専門の資格で、 感染制御認定薬剤師に認定されていれば、この資格を取得する事が可能となります。

国内には様々な感染症がありますが、そんな中で感染制御専門薬剤師は、 様々な薬剤・抗生物質の知識を持って指導を行う事ができます。

がん専門薬剤師は、がんを治療するための薬物療法のスペシャリストです。 がん専門薬剤師になるためには、がん薬物療法認定薬剤師になっている必要があります。

抗がん剤などの専門知識はもちろん、誤った抗がん剤の使用法などに常に注意し、 医療事故を防ぐという役割も担っています。がんの治療スタッフの一員として、 抗がん剤の指導を行う事ができるのががん専門薬剤師です。

妊婦・授乳婦専門薬剤師は、妊娠中や授乳中は様々な薬剤の使用を制限されますが、 そんな産前産後の正しい薬剤の摂取の指導を行っているのが妊婦・授乳婦専門薬剤師です。 妊婦・授乳婦専門薬剤師になるには、妊婦・授乳婦薬剤療法認定薬剤師に認定されている 必要があります。

HIV感染症専門薬剤師は、感染症の中でも特に注目されているHIVに焦点を当てて、 専門薬剤師の力を使って克服するための指導を行います。HIV感染症専門薬剤師になる ためには、HIV感染症薬物療法認定薬剤師と認定されている必要があります。

最後に精神科専門薬剤師ですが、近年はストレス社会と言われており、 精神疾患を抱える患者が増えています。精神疾患には一般的に薬物療法が行われており、 その中で精神科専門薬剤師が薬の知識を持って指導を行うのです。

特に精神科専門薬剤師の役割は今後さらに欠かせなくなっていくと言われています。 精神科専門薬剤師になるためには、精神科薬物療法認定薬剤師である必要があります。

このように様々な種類の専門薬剤師が存在しています。 専門薬剤師として働きたいという人は、まず自分はどの分野のスペシャリストと なりたいかを考える必要があるのです。

↑ PAGE TOP