薬剤師が働く場所

薬剤師が働く場所

薬剤師が働く場所は様々です。 薬剤師の職場と聞いて誰もが思い浮かべるのが薬局だと思います。 薬局で働いている薬剤師は非常にたくさんいます。 薬局で働く薬剤師は、ただ医師の処方に従って調剤しているだけではありません。

お薬手帳にシールを貼って、患者がどのような薬を服用しているのか、過剰処方に なってないかを確認したり、薬の受け渡しの際に患者の体調を聞く事など調剤以外 にも重要な役割を持っています。

時間に余裕があれば、良く出る薬などをあらかじめまとめておいたりするという 作業もあります。薬剤師は薬局以外にも病院で働いています。 病院で働いている薬剤師は、薬局で働いている薬剤師と同じように調剤などの 仕事もしますが、病院内ということもあり、注射剤などの調剤も行っています。

薬剤師が働く場所は他にも医薬品の製造などがあります。 製薬メーカーで工場ごとに薬剤師が配置されており、医薬品を製造しています。

また、新薬の開発・研究を行っている薬剤師もいます。 新薬の開発・研究に携わるためには、大学院での修士課程を行っていることが 募集の基準とされているため、将来新薬の開発・研究に携わりたいという人は 大学院への進学も検討しなければなりません。

新薬の開発・研究は非常に長い年月をかけて行わなければなりません。 非常に幅広い知識と深い薬学が求められる職場でもあります。 薬剤師として働く場合、勤務形態も様々です。 パートやアルバイトとして働く人もいますし、派遣として働く人もいます。

特に薬剤師の派遣は、正社員と同じくらいの年収を稼ぐ事も可能です。 派遣という言葉を聞くと、条件が悪い・給与が悪いなどのイメージがありますが、 薬剤師の派遣の場合、それほど悪い条件ということは少なく、むしろ好条件の 求人が多いのです。

また、薬剤師の中には独立をしている方もいます。 自ら調剤薬局を作っている薬剤師の方も意外とたくさんいます。 必ずしも成功するわけではありませんが、将来独立を目指して薬剤師として 働いている人もいるのです。

↑ PAGE TOP