薬剤師が転職する際に重視する点

薬剤師が転職する際に重視する点

薬剤師として働く場合に、特に重視しなければならないポイントはなんでしょうか。 それは勤務条件などを重視するのか、やりがいや業種にこだわるのかという点です。 勤務条件を重視する場合、やはりお勧めは薬局やドラッグストアです。 薬局は決まった時間内の勤務で休日も決まっています。

特に育児や家事との両立をしたいという方にお勧めです。 ドラッグストアは、日本全国にありますので、エリアを重視している人にお勧めです。 事前に勤務希望地を伝えておくことで、そのエリアで働く事ができます。 必ず希望するエリアで働きたい人は、自分の働きたい店舗に直接応募できる パートやアルバイトがお勧めです。

業種ややりがいにこだわって仕事をしたいと考えている方は、製薬会社の新薬開発部 や治験コーディネーター、病院で専門薬剤師を目指すなどの方法が適しています。 薬局などで働いているとどうしても仕事内容が決まってくるため仕事へのやりがいが 見えなくなってしまう人が多いが現状です。

しかし、新薬の開発や治験コーディネーターは時間はかかるものの目に見えた 結果や実績が残せるので、やりがいなどを感じやすいのです。また、病院の専門薬剤師は、 日本の医療業界の進歩させる重要な人材に成りうる可能性を秘めています。 専門薬剤師になる道はとても険しいですが、その分やりがいもあるのは確かです。

薬剤師として働く場合、どのようなポイントに重点を置くかで働く場所も業種も 変わってきます。もちろん、給与も重要なポイントの一つと言えます。 薬剤師の平均年収は500万円ほどですが、製薬会社などの企業に勤めている薬剤師は さらに平均年収は高くなりますし、新薬開発に携わっている薬剤師の中には年収が 700万円以上という人もいます。

製薬会社の責任者クラスの薬剤師となれば、1000万円を超える人もいるなど、 働く場所や業種によってかなり違いがあります。 薬剤師として転職する場合、どこに重点を置くかで働く場所が変わってきます。 自分はどこに重点を置いて働きたいのかを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP